2006年02月07日

東野圭吾 「変身」

東野圭吾さんの小説「変身」を読みました。

で、泣きました。


まさに最後の一行で涙があふれ出る小説です。

最後の一行まで気を抜いてはいけません!
読み飛ばしちゃったとしたら、
この小説を読んだ意味がないも同然です!

東野圭吾さんの小説を読むのはこれが初めてでしたが、
かなりツボにキテます。

夢中になりすぎて読み終わったのが朝の五時!
次の日学校あるのに!しかもテストが(笑)

そのくらい夢中になって読める本でした。


読んでみたい方は↓からどうぞ。

posted by sg at 23:14| 愛媛 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12944971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。